読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごりゅごはん

ごりゅご.comの中の人が運営する「ごはん専門」のブログ。

ナスと鶏もも肉の甘酢あん炒め

クックパッドレシピを参考にしつつ、生まれて初めてそれを元に「オリジナルなアレンジ」を加えることが出来た記念すべき料理。

しかも、ちゃんと「こういう風にしたい」って思って、狙い通りの結果が得られたのが嬉しい。

使う材料も鶏肉とナスだけでいいので、思いついた時にすぐに作れる、というのもポイントです。

ナスと鶏もも肉の甘酢あん炒め 材料

今回使った材料は以下の通り(2人分)

  • ナス:2本
  • 冷凍保存しておいた鶏肉:150gくらい?(小さいのが8かたまりくらい)
  • 砂糖・醤油・みりん・酒:大さじ2(30ml)
  • 酢:大さじ1(15ml)
  • 片栗粉:肉全体に付ける用&最後にとろみを付ける用

使う調味料は多いけど、酢だけ半分で、残りの調味料は全部同じ分量、ってのが覚えやすくていいです。

Chicken amazu itame 01

ナスと鶏もも肉の甘酢あん炒め つくり方

まず最初にやることは、冷凍保存していた鶏肉の解凍。

理想としては、鶏肉を使う24時間くらい前から冷蔵庫でじっくり解凍するといいらしいんだけど、思いついたタイミング的に無理だったんで、常温で解凍。

(冷凍するときは急速に、解凍するときはゆっくり、というのが美味しく食べる基本らしい)

肉の準備が出来たら、なぜか肉が美味しくなるアイテム「塩麹」を鶏肉全体に付けておく(省いてもいい行程)

Chicken amazu itame 03

塩麹を付けて、これまた理想的には15分以上放置しておきたい。

実際には待てない場合が多いので、まず真っ先に塩麹を付けておいて、その後他の材料の準備をしたり、お皿を洗ったりしたりする。

塩麹待ち時間で、ナスを切っておく。1~2cmの輪切りにした後に、大きいのは4分割、小さいのは2分割くらい

Chicken amazu itame 02

塩麹を染みこませるために、あらかじめ調味料も混ぜておく。

砂糖醤油みりん塩酒酢、全部の調味料を1皿に入れる

Chicken amazu itame 04

皿洗い等も済ませ、やることが無くなったので次の工程へ。

塩麹をつけていた鶏肉に片栗粉を振りかける。ちょっとずつ片栗粉をかけながら混ぜていって、表面の水っぽさがなくなるくらいの量。塩麹はそのままでおk(片栗粉を付けることでタレの味が染みこみやすくなる)

Chicken amazu itame 05

フライパン全体が油で埋め尽くされるくらいの油を入れて、片栗粉を付けた鶏肉を焼く。焦げ目が付いた方が美味しそうなので、フライパンは中火くらい

Chicken amazu itame 06

↑ 鶏肉がこのくらいのいい感じの色になったら、鶏肉を一旦取り出して、ナスを炒める。中火

Chicken amazu itame 07

なすが十分にしんなりしたところで、鶏肉を再びフライパンに入れ、タレを全部かけて、その後に水溶き片栗粉を投入(水20~30mlくらいに、片栗粉を溶ける分くらい溶かす)

Chicken amazu itame 08

Chicken amazu itame 09

ナス2~3切れくらいは味噌汁に使いました。

とろみが付いたタレがいい感じに甘酸っぱくて美味いです。

使う素材は2種類だけなので、調味料さえ揃っていれば、作りやすいのがいいところ。

ナスは冷蔵庫である程度保存が利くし、鶏肉も冷凍保存で2週間くらいは置いておけるのもいいところ。

参考:鶏もも肉の冷凍保存の仕方 | ごりゅごはん

今回使った便利グッズ